プロフィール

初めまして管理人の

Yukiです。

この度は、当ブログに訪問
ありがとうございます。

私がネットビジネスを知ったのは1年ほど
前でした、当時は超ブラック企業に勤めて
いました。

一日の労働時間は平均13~14時間
会社に出勤しないのは月に2日程><

唯一の休みも仕事の電話はあるし
丸一日仕事の事をしない日は年間10日間ほど
じゃないかと思います。

こんな生活を何年もしていると精神的にかなり
ヤバイ状態になります。(当たり前か)

ここ1~2年は会社と家の往復だけで
段々と視界が狭くなって行くのです。

この視界とは心の視界で、自分的にも
あっ精神状態がかなりヤバイ状態と分かります。

久しぶりに会った人には顔が変わったとよく
言われました。年のせいだけじゃありません。

しかし、簡単には会社は辞められません。
家族や家のローンも有るし、特に特殊な技能が

無い50才間じかのオヤジを雇ってくれる会社が
あるかも分からないし、もし雇ってくれる会社が

あっても、給料は確実に今の半額になります。
そうなると、とても生活はできません、会社も

辞めたくても辞めれない事が分かっているので
安い給料で管理職にさせて馬車馬のように
働かせているのです。
しかし人生は一度っきり定年まで馬車馬のように
働くのか?いや今の年金制度だと定年以降も働かなくては

生活出来ないことは確実です。そうなると死ぬまで
働らくのか?そう考えたら生きている意味があるのか?

そう思ったらこのまま会社で働く事に疑問が沸いた。
昔は老後は年金でのんびり暮らしていく事が定番だったが

今の年金では不可能で特に50才以下は最低65歳に
ならなければ少ないながらの年金も貰えません。

このままの人生でいいのか?
会社で働くだけが人生では無いと強く感じた時に

偶然にネットビジネスを知った。
ネットビジネスを検索すると

あるは、あるは、
「パソコン1台で月収100万」
「1日1時間の作業で50万}
などなど、いくらでもありますね。

うあぁ~

胡散臭いと思ったのが第一印象でしたのが
思い出されます。それでも有名な教材を

購入してみました。当時は分からなかったですが
個別のサポートはしていなかったのです。

でも、初心者にはブログ開設もよく解らないのに
サポート無しは厳しいです。

それでも、自分なりに解らない事はネットで
調べながらやってみたが全然ダメでした。><

よく言われるのがネットビジネスの95%は月に
5000円以下と言われているので、やっぱり

稼いでいるのは、極一部の人と思い、今度は
カメラ転売を薦められて始めた見ましたが

これも、惨敗><(塾費用のローンだけ残りました)
やっぱりネットビジネスは稼げないと思って

いた時に以前、登録していたアフィリエイターが
コンサル生を募集していました。

これが、最後のネットビジネスと思い
思い切ってコンサル生になり人生が変わったのです。

ここで、本当の指導者と出会いました。
ネットビジネスと言ってもやはりビジネス

素人では稼げないのが現実です。

正しい指導者に出会ってからは
ネットビジネスの解釈は変わりました。

これからは、ネットビジネスの
正しい本質を伝えていきたいと思いますので
私について来て下さい。

ネットビジネスのプロになりましょう!
全力で私がサポートします。

4 Responses to “プロフィール”

  1. 同じ歳の男です。リストラされ現在求職中です。まだ大学生の子供が2人、高校が1人の子育て最中で大変です。田舎に住んでいて就職も厳しく途方にくれてます。なんのスキルもなく、パソコンもありません。あるのはなんとか維持してるスマホだけ。
    今回、ネット見ていてこのブログにたどり着きました。スマホだけで、ネットビジネスはできますか?良かったらアドバイス下さい。

    • こんにちは、同い年でリストラは厳しいですね。
      まだ、お子様が小さいので今後も教育費が掛かりますね。

      今後ネットビジネスで稼ぐには、スマホだけでは難しいですね。
      安いパソコンで十分なので、まずは環境を整えてみて下さい。

    • こんにちは。

      >半信半疑です。

      これは、ネットビジネスで本当に稼いでいるのか?
      多分このような疑問だと思います。

      疑るのは一向に構いません!
      疑る前にまずは自分で行動してみて下さいね。

      行動する前に疑るのは簡単です。それは外野で
      騒いでいるのと同じです。

      時給5万円を今までの人生で稼いだ事ありますか?
      可能なのがネットビジネスで、これが真実です。

      信じるか信じないかは、岩崎さん次第です。

コメントを残す