50才からの男性の仕事探しは厳しい状況だ!新しい人生の生き方もあります。

index.png20
アベノミクスの影響?で数年前よりは全体の仕事は多いようです。
職業安定所も数年前は外に人は溢れる程だったのですが、

最近は結構空いていますが、どの年代も仕事が多いわけでは
ありません。50才の年齢は定年まであと10年しかないし

会社的にも、あまり美味しい人材とは言えませんね。
特殊なスキルが有れば別ですが平凡なサラリーマンには再就職

には非常に不利な状況な年齢である事は間違えないです。

 

離職後1年以内の就職が確認できた者の割合

キャプチャ
やはり、50才過ぎると極端に少ないですね、特に55才を
過ぎると非常に厳しい状況です。

再就職に有利な職種についても紹介致します。

同じ業界に再就職するときに他業界よりも給料が高くて、前職よりも上がるのは「情報サービス業」、それに続いて「建築材料・鉱物・金属材料等卸売業」  「専門サービス業」「不動産賃貸業・管理業」「総合工事業」「設備工事業」
あたりでやはり専門性が高い職種ですね。

逆に同じ業界に再就職するとき前職よりも下がる傾向があるのは「各種商品小売業」、それに似た傾向なのは「飲食料品小売業」「食料品製造業」「職業紹介・労働者派遣業」あたりです。

なぜ前職より給料が安いか解りますか?

小売業、食品業が多いですが小売業などは生活に身近でその仕事を行うのに心理的な障壁がなく、いろんな人が参入しやすいから需要に対しての供給が不足しに
くいとか、マニュアル化が進んでおり仕事の早期熟練が可能なことなどが考えられそうです。

検証の結果、企業で50才の求めている人材は専門知識のスキルです。
単純作業など参入しやすい業種は若い人で十分なので専門知識のスキル無い50才には再就職は厳しいのが現状です。

 

50才からの新しい生き方のススメ!

私がサラリーマン時代の職種は後者の専門知識のスキル無い部類でした。
たぶん、普通に再就職出来たとしても非常に安い賃金で朝から晩まで

働いていたでしょう。元々、勉強嫌いだったので学生時代も
会社に入っても勉強しないで50才まできてしまったので、当然に

なにも。専門知識が無かったのです。私が今までの人生の中で
一番勉強したのが、一番勉強したのが、ネットビジネスでした。
imagesT2TZW393
勉強といっても堅苦しいのでなくブログ書いたりして今まで
まったく知らなかった知識も吸収出来て非常に有意義でした。

時には、お酒を飲みながらノンビリとブログを書いたりしてました。
お酒飲みながらだと返ってタイピングの動きが良かったりしますwww

元々ネットビジネスを始めたのも、お小遣い稼ぎが始めた動機
でしたが1年後にサラリーマン辞めるとは、まったく思っていません
でしたが、全く後悔はしていません。

今の自分は専門知識のスキルが付いたからです。
専門知識といっても、たかが1年勉強しただけです、今まで何十年と

サラリーマンしてましたが、ろくな知識も無かったので
ネットビジネスは覚えてしまえば凄いスキルですね。

さて、これからの人生は自分の為に使おうかと思います。
今までは会社の仕事で旅行どころか殆ど遊びに行けなかった
ので、これからが第二の人生の始まりです。

あなたも、人生の新しいデザインを考えてみましょう 

まとめ

50才での再就職は専門スキルが無いと難しいし再就職
出来ても、収入が大幅にダウンするのは確実ですが

それで、人生を諦めて行きたも無い会社に行って
定年後もお金の苦労をして一生を過ごすのか?

それとも、少しの勇気を持って新しい人生を踏み出すか?

自分で稼げる力を付ければ「社畜」として働く必要は
無いのです。そんな新しい人生に興味がある方は

無料のメルマガでネットビジネスを学んでみませんか。
人生感を変える第一歩です。

おすすめ記事

コメントを残す